就職の面接時に必ず確認される内容

面接時には外見(身だしなみ等)をかなり重視される傾向が有ります

 

企業に就職を希望する時は、必ずと言っていいほどに面接による選考が有るのは皆さんご存知だと思いますし、それがとても重要だからこそとても緊張してしまうのではないでしょうか?

 

確かに緊張してしまい、いつもの自分を出す事が出来ない可能性の有ると思いますが、まずは落ち着いて面接に望む様にしてみましょう。

 

面接の場では、多くの企業がその人を見定めている根拠としている部分が存在しているのですが、中でも外見は意外と重要視される傾向が有ります。

 

確かに一見した時にどう感じるかは、かなり大事ですよね!!面接官にとってあなたと会うのは初対面な訳でして、当然初めて会う人に対しては、外見の印象が一番最初にその人について知る事が出来る情報となります。

 

例えば男女の恋愛等でも第一印象が大事なのと同じで、最初にいいイメージを与える事が出来た場合と悪いイメージを与えた場合では、当然その後の展開が異なってしまいますよね?

 

面接の場合の第一印象というのは、顔の造作が整っているかどうかよりも、服装の清潔感で有り、身だしなみがきちんとしているか、そして所作やマナー・表情などを確認されています。

 

面接をクリアするためには、相手から少なくとも好感を持って貰える様な態度が必要となってきますし、話し方も重要になります。

 

話し方ひとつでこの人は協調性が有るのか否か、積極的で有るのか否か等の事が一瞬で解ってしまいますし、話し方でその人の人柄が出ると言っても過言では有りません。

 

面接時には、面接官の手元には履歴書が置かれていますが、履歴書に書かれている文字の綺麗さでも印象が変わってきます。例えクセのある字だとしても、読みやすくきちんと丁寧に書かれた文字で有る事が大事になります。

 

時間をかけて丁寧に書いた履歴書だという印象を相手に与える事が出来れば、熱意の強さという印象を面接官に対して与える事が出来ます。

 

面接の場で、緊張することはむしろ当たり前の事ですし、緊張していること自体で評価を下げる事はまず有りませんので、気にしすぎなくても大丈夫だと思います。たとえ緊張してた場合でも、相手の目を見てきちんと受け答えをすることが、就職を成功させるためには大事な事です。

 

 

 

面接時に大事な事まとめ

 

〇 清潔感・身だしなみをきちんとする

〇 所作・マナー・表情を見られているので注意する

〇 話し方であなたの人となりが解るので意識する

〇 履歴書は字が綺麗な方がいいが、それより以上に熱意を感じて貰える様に丁寧に

〇 緊張してもそれ自体がマイナスとはならないので、変に臆する必要は有りません